広島県の水道広域連携について

 現在、県内の水道事業は、市町ごとに住民に対して水道水の安定的な供給が行われています。
 しかし,人口減少による給水収益の減少,施設の老朽化に伴う更新費用の増加などにより,経営が悪化することが見込まれ,市町によっては経営が立ち行かなくなることが懸念されています。

広島県水道広域連携推進方針

 上記の課題に対処し,将来にわたって水道サービスを安定的に提供するためには,市町独自の取組では限界があり,市町の枠を超えた広域連携により,経営基盤を強化していくことが有効との考えのもと,広島県では,市町と県の水道担当部局で構成する「広島県水道広域連携協議会」を設置し,広域連携の具体化に向け議論を重ね,協議会で出された様々な意見を参考に,水道事業の広域連携の推進に向けた基本的枠組や具体的な取組などをとりまとめた「広島県水道広域連携推進方針」を令和2年6月に策定されました。
 本町においても,協議会に参加し,県内市町と県とともに検討を重ねてきました。今後は,「広島県水道広域連携推進方針」などをもとに「統合による連携」への参画の可否について検討していきます。
〇水道の広域連携について、広報安芸太田へ掲載しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関する問い合わせ先

  • 建設課(上下水道係) 0826-28-1963
暮らしの情報
ライフイベント
届出・証明
子育て
教育・文化
年金・保険
税金
生活・環境
健康・福祉・病院
安心・安全
地域情報
その他